高血圧で悩みたくない人におすすめの「血圧を下げるサプリ」の特徴

fish-1603762_640

ミネラルを摂取できる

高血圧の原因の一つに、塩分の過剰摂取があります。過剰な塩分は水を抱え込み血液を増やしてしまうため、多くの血液を身体中に送り出す心臓や血管に大きな負担がかかってしまいます。そこで血圧を下げるサプリに配合されているのは、体内の過剰な塩分を体外へ排出する成分です。カリウムが主なものとなります。他にも血管の収縮を抑制するカルシウムやカルシウムの働きをサポートするマグネシウムなど、普段の食生活で不足してしまうことで高血圧を引き起こしかねないミネラルが血圧を下げるサプリには配合されています。

血液をさらさらにする

もう一つ血圧を下げるサプリに配合されている成分に血液をさらさらにするものがあります。高血圧は血管や心臓に負担がかかってしまう病気ですが、血液中の中性脂肪やコレステロールが多いと血液はどろどろになり、心臓や血管はどろどろした血を送るために大きな負担がかかっています。さらにドロドロ血は動脈硬化を引き起こす原因となってしまうため、血圧を下げるサプリには血液をさらさらにする成分が含まれています。青魚に多く含まれるDHAやEPA、納豆菌から作り出される納豆キナーゼなどが血液をさらさらにする成分として配合されています。

血圧を下げるサプリ「大正製薬大正DHA・EPA」の効果と成分

血圧を安定させるサプリメントを服用してみよう。

肉類中心の食生活をしていたり、運動不足気味の人は、年齢を重ねるごとに血圧が上昇しやすくなります。
青魚に含まれているDHAやEPAは、血液の流れを改善して、血圧を安定させる働きがあります。
血圧を下げるサプリの大正製薬大正DHA・EPAの効果は、一日に適量を服用することで、600㎎も摂取できるので、青魚を食べる機会の少ない人でも、安心できます。
大正製薬大正DHA・EPAは、必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸が豊富に含まれているので、高血圧を予防する効果があるため、動脈硬化などの病気を予防します。

血圧を下げるサプリの大正製薬大正DHA・EPA

血圧が高めの人は、心臓病や脳梗塞などの病気に罹るリスクが高まるので、将来の健康が不安だと感じている人がほとんどです。
血圧を下げるサプリの大正製薬大正DHA・EPAは、青魚に豊富に含まれている成分が入っており、血圧の上昇を抑える効果が期待できます。
血圧を下げるサプリの大正製薬大正DHA・EPAは、衛生管理の徹底した工場で製造をしており、脳の血流を促進するため、記憶力を高めたり、集中力を高める働きがあります。
血圧が高めの人や、年齢を重ねて、記憶力が低下したり、物忘れがしやすい人に最適な商品です。

血圧を下げるサプリ「DHA&EPA」の効果と成分

コレステロールが動脈硬化を進行させる

コレステロールは脂質の一種で人間の細胞膜の主要構成成分の1つです。人の体内で合成されますし、食事からも摂取されます。もし血中のコレステロールが多くなってくると血管壁にコレステロールが沈着しアテローム性動脈硬化が進行します。すると動脈血管が狭窄し、血管壁の柔軟性が失われていきます。そうすると血管壁へかかる血液からの圧力が強くなり、結果高血圧となってしまいます。よって血圧を下げるためには血中のコレステロールを下げ、根本的な原因を解決する必要があります。ここで有効なのがセサミンEXなどDHA&EPA配合サプリです。

セサミンEXなどDHA&EPAサプリは血圧を下げるサプリ

セサミンEXなどのDHA&EPAサプリは血圧を下げるサプリとして注目されています。それは血液中のコレステロールを減らし、アテローム性動脈硬化の改善効果が期待できるからです。DHAとEPAはいずれもオメガ3系脂肪酸と呼ばれるもので、アジやサバなどの魚に豊富に含まれています。これは人の体内に吸収されると、肝臓へのコレステロールの取り込み、肝臓から胆汁中へ排出することを促進します。これによってコレステロール値を低減し、血圧を下げるサプリとして期待されるのです。もし健康診断でコレステロールと血圧が共に高い人は是非服用してみましょう。

高血圧を改善したい人必見!血液をサラサラにする飲み物

高血圧を改善する飲み物

高血圧を改善する、血液をサラサラにする飲み物は食べ物と違って続けやすいので
おすすめします。
お茶や麦茶は血流を改善する働きがあることがわかっています。
一番身近にあって毎日飲みやすいものなので、心がけて飲みたいものです。
他にも、黒酢や豆乳なども血液サラサラ効果があることがわかっています。
黒酢は、赤血球の膜をしなやかにするといわれていますし、豆乳に含まれる
イソフラボンは、活性酸素を除去する働きがあるので血液をサラサラにします。
ビタミンCの含まれているものも、抗酸化作用が白血球がくっつくことを防ぎます。

高血圧を改善するためにも

身体を動かすことも大切です。
しかし、ハードなスポーツは続かないこともよく言われますが汗をたくさんかくスポーツは、
体内の水分が不足して血液がドロドロになることもありますので、水分補給に気をつけたい
ものです。
そして、ハードなスポーツよりウォーキングのように足を良く動かすことでふくらはぎの血流が
良くなることの方がよいと考えられます。
また、血圧を改善する飲料としてサントリーの胡麻麦茶やカルピス産乳のアミールS、ニッスイ
のイマークSも販売されています。
お味のお好みや価格帯などのことがありますがご一考の価値もあると思います。

高血圧の合併症について知ろう!

血圧管理で脳血管障害を予防しよう

高血圧の合併症の中には、脳出血や脳梗塞などの脳血管障害が含まれます。高齢者の死亡原因の中では、比較的多い印象があります。また健診で高血圧を指摘されている方は、まず適正な数値に維持することで、全身の血管や脳血管に対する負担を減らすことをおすすめします。合併症では必ずしも日常の自覚症状がみられるとは限りません。一般の方ができる体調管理の中で、血圧測定は比較的手軽にできるものです。後遺症を伴う脳血管障害を患わないためにも、また他の病気の予防のためにも、毎日のちょっとした血圧管理は必要です。

血圧を適正維持することで腎臓を守ろう

合併症の中には、高血圧が由来となる腎臓病も含まれています。高血圧を放置することで腎臓への負担から、このような病気は発生するのです。また一般的に処方される薬の多くは、水溶性のものであり腎排泄型と言われています。高度な腎疾患を伴う患者へは、負担がかかるため腎排泄型の薬が処方できなくなるといわれています。高齢者で薬が使えないとなると、今後の治療が困難となります。腎臓病の治療には、腎移植や透析療法などもありますが、基本的には毎日の血圧を適正に維持することを考え、できるかぎり腎臓への負担をさけるようにしましょう。